潰れたトマトと喋るカラス

アニメを批評する(佐倉綾音さん贔屓)

2015春アニメ 作品レビュー&クール総括

『SHOW BY ROCK!!』 評価:B 老若男女幅広い層をターゲットにしているのかもしれないが、逆に何を期待して観ればよいのか分からない面もあった。童心に返って観ると、ストレートなテーマ性を素直に楽しめる。

 

『ハロー!!きんいろモザイク』 評価:A 個人的に、このアニメの魅力は「大宮忍の個性」と彼女を中心とした「イギリス趣味」にある。あくまでも作品の中心はアリスでもカレンでもなく大宮忍であり、彼女がいるからこそ『きんモザ』は他の日常系百合アニメから一歩抜きんでているのである。

 

『えとたま』 評価:C マーケティング戦略とCG技術でアニメ業界に革新を生んだ作品といえる。内容は特筆すべきこともない。

 

パンチライン』 評価:D 『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』『残響のテロル』に続き、またしてもノイタミナは私たちを裏切った。伝家の宝刀・タイムリープを使ってもこの出来しか作れないという事実を制作側は恥じるべきだ。

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』 評価:A 普通の学園モノとは一線を画す独特の切り口は2期になっても健在。登場人物もみな魅力的だが、若干言い回しにこだわりすぎて何が言いたいのかよく分からないところもあった。原作の都合があるとはいえ、終わらせ方は少し残念だった。

 

山田くんと7人の魔女』 評価:A 設定は使い古されたものばかりだが、使い方次第でここまで面白くなるということに驚いた。キャラが入れ替わるという難しい演技も、声優陣がよく頑張っていた。最終回をきれいに終えたことも評価したい。唯一残念なのは、OPとEDが宣伝目的なところ。

 

『プラスティック・メモリーズ』 評価:A 「ロボットの死」というテーマと職場内恋愛を描いたことが斬新で面白かった。ちょろくないヒロインや恋に悩む主人公は本来あるべきラブストーリーの姿を示し、チョロインが跋扈する昨今のラブコメアニメに鋭いパンチを食らわせた。

 

『響け!ユーフォニアム』 評価:S 時に運動部よりも激しく厳しい吹奏楽部を舞台にした、部活に燃える少女たちの青春群像劇。リアルさとドラマティックさのバランスが良く、キャラクターも一筋縄ではいかない魅力がある。大人数が細かく動く吹奏楽でこのクオリティを生み出せるのはさすが京アニ

 

シドニアの騎士 第九惑星戦役』 評価:S シリアスとギャグの織り交ぜ方が絶妙で、予想できない展開が視聴者を飽きさせない。主人公がただのTUEEに陥らず、強大な敵とのギリギリの戦いを乗り越えていく緊張感と期待感を持たせてくれる。サブキャラにもそれぞれの役割があり、話に無駄がない。

 

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』 評価:A まずは同人界を席巻したヘスティアという存在を生み出したことを評価したい。主人公が大した努力もせずに強くなってしまうのが残念だが、最終回に向かって非常に熱くなる展開をみせてくれた。

 

『てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう』 評価:A

 

Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』 評価:A 「重厚なストーリー」と「テンポの悪さ」、「詩的でクールで台詞回し」と「冗長なカッコつけ会話パート」は紙一重なところ。ただ映像作品としてのこのアニメのクオリティには文句のつけようがない。

 

『グリザイアの迷宮/楽園』 評価:B エロゲ原作のアニメが絶滅危惧種になりつつある昨今において、ラノベにはない「深み」がエロゲにはあるということを証明してくれた。原作を知る者としても、要点を押さえた納得のいくまとめ方だったと評価できる。

 

『雨色ココア』 評価:なし このアニメの存在意義を教えてほしい。

 

声優MVP:佐倉綾音 あざとかわいい後輩、ミステリアスな少女、宇宙人に至るまで、演技の幅の広さは若手声優の中でも随一。艦これの1人8役が今期に生かされたといえるだろう。

 

ヒロインMVP:白羽衣つむぎ ただの化け物がこんなに可愛いと思えることは今後もうないかもしれない。ベニスズメとの一戦は視聴者にとって複雑な気持ちが交じり合う印象深いシーンだった。

 

2015春の総括 2期目・3期目のアニメが多かったことと、高いCG技術を駆使したアニメが多かったことが今期の特徴といえる。アニメ界のトレンドが色濃く反映されたクールだった。