潰れたトマトと喋るカラス

アニメを批評する(佐倉綾音さん贔屓)

もちぞうアニメアワード2015 作品賞 トップ10

10位『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』2014.10~2015.3月

・今年一番笑った作品

・毎週のように変わる主人公の性格と行動目的

・ある意味これ以上の作品は2度と現れないかもしれない

 

9位『四月は君の嘘』2014.10~2015.3月

・楽器演奏における圧倒的作画力

ラノベアニメに足りない、漫画らしい少年少女の成長過程

ノイタミナの正しい姿

 

8位『赤髪の白雪姫』7月~9月

・視聴者を引き込む作品の雰囲気

・思わず応援したくなる、勇気をもらえる、ヒロインのひたむきさ

 

7位『オーバーロード』7月~9月

・圧倒的なインパクトとギャップが魅力的な主人公

・とにかく痛快でいい気分になれる主人公の活躍

・俺TUEE主人公のニュータイプ

 

6位『落第騎士の英雄譚』10~12月

ラノベ型学園バトルラブコメに純愛を持ち込んだアニメ史的意義

・ステラがかわいい

・戦闘シーンに迫力をつけるスピード感

 

5位『幸腹グラフィティ』1月~3月

・価値のある日常系アニメ

・忙しいく騒がしいアニメが多い中、優しい気持ちになれるヒーリングアニメ

・日常に隠れたエロティシズム

・飯の作画=アニメの質

 

4位『響け!ユーフォニアム』4月~6月

・深夜に貴重なガチ部活もの

・大人数の吹奏楽アニメを描ける京アニの力

・一筋縄ではいかない個性的なキャラクターがぶつかり合う人間ドラマ

 

3位『SHIROBAKO』2014.10~2015.3月

・挫折を乗り越えてそれぞれの夢に向かっていく若者たちの群像劇

・これまでのアニメ業界へのリスペクトとともに、現在のアニメ業界へ一石を投じる挑戦もみせた

 

2位『シドニアの騎士 第九惑星戦役』4月~6月

・近年隆盛するCGアニメの代表的作品

・かわいすぎる化け物ヒロイン

・死地をくぐり抜ける緊張感は今年随一

 

1位『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』7月~9月

 作品としてのアイディアは決して目新しいものではないが、それでもこの面白さは本物。掴みどころのない主人公を筆頭に、個性的かつ好感の持てるキャラクターたちの存在は大きい。

 自衛隊の戦闘シーンは震えあがるほどの興奮を覚えた。2つの世界で人々の生活から政治対立まで巻き込むスケール感は、ぜひとも2期目で活かしてほしい。安全保障問題が大きな話題となった2015年に、代表作としてふさわしい作品である。