潰れたトマトと喋るカラス

アニメを批評する(佐倉綾音さん贔屓)

2016夏アニメ 作品レビュー

NEW GAME!』 評価:S 『三者三葉』では(話がつまらなすぎて)動画工房の力を十分に発揮できなかったが、今作ではその真価を発揮。どのキャラも個性的・魅力的で、これぞまさに「かわいさニューウェーブ」。ゲーム会社が舞台というのも、きらら系日常アニメの中で新鮮さをもたらした。
個人的には青葉の(良くも悪くも)素直な言動がツボ。ねねっちは不要。

 

Re:ゼロから始める異世界生活』評価:B 矢吹健太朗の言葉を借りれば、「どんなに魅力的なヒロインを描いても、主人公が読者に好かれない奴ではその恋を応援してもらえません」。タイムリープが面白いのは当然。だからこそ、この作品がもつヒロインの魅力を引き出せる主人公がほしかった。

 

ラブライブ!サンシャイン!! 』 評価:B 「所詮はコンテンツの延命、新人声優のお遊戯会」と切り捨てるつもりだったが、なかなか良かった。少女たちが友情・努力・勝利で壁を乗り越えていく展開は、ひねりもないし強引だけれども、まっすぐで良かった。もちろんキャラの可愛さは大事な要素。

 

Rewrite』 評価:C 主人公のユーモアセンスとKeyのブランド力だけでなんとか最終回まで見続けたが、正直何が何だかさっぱり分からなかった。作画も悪いし話に入り込めない。「次」を見てくれる視聴者がどれだけいるのだろう。

 

『クオリディア・コード』 評価:C キャラデザも魅力的だし、話の「転」も見ごたえがあったが、近年稀に見る作画の崩壊と共にすべて崩れ去った。これは単なるA-1 Picturesの罪なのだろうか、それともこの作品がアニメ界全体の危機を暗示しているのだろうか。

 

マクロスΔ』 評価:A 最終回で期待に応えられないアニメが多い中、序盤の勢いを取り戻したラストは今期1番だった。盛り上がったときの戦闘シーンは他の作品では味わえない感覚がある。一方でそこに至るまでの展開は同じ敵・同じパターンの繰り返しで、目的も見えず中だるみした。

 

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』 評価:B まず圧巻の映像美を高く評価したい。一方、RPG原作という難しさのせいか、ufotable独特の重々しさのせいか、ストーリーは正直つかみづらかった。今後、批判の多い原作とどう違いをみせていくのか見ものである。

 

『魔装学園HxH』 評価:B ヒロインの系統が絞られており、作風が合えばどの回でも楽しめる。主人公の真面目さがシュールな笑いを誘うと同時に、視聴者に好感を与えた。内容は低レベルだが、挑戦的なシーンも多く、この手のジャンルの中では相対的に高い評価をつけてよいのではないか。

 

この美術部には問題がある!』 評価:A ヒロインが可愛いだけのアニメ。とにかくヒロインを演じる小澤亜李が素晴らしい。可愛いけれど媚びた感じにはならず、得意のツッコミがテンポの良さを生み出した。ごり押し声優だと散々批判してきたが、その才能に今更気づいたことが恥ずかしい限りである。

 

声優賞 ①茅野愛衣(出演多数) 今最も必要とされている声優。どんなアニメにも茅野が活きるポジションがあり、どんなアニメでも茅野の演技は自然に溶け込む。

 

声優賞 ②高田憂希NEW GAME!) 主人公のもつ愛嬌、健気さ、幼さなどを、嫌味なく絶妙なバランスで表現していた。