潰れたトマトと喋るカラス

アニメを批評する(佐倉綾音さん贔屓)

2016秋アニメ 作品レビュー

レガリア The Three Sacred Stars』 評価:C とにかく面白そうな設定をつめ込みまくって、結局何も消化できていない。ストーリーの方向性が見えず、終盤は主人公たちと敵の会話が全く盛り上がらない。そもそもスケジュールを守れない時点でテレビアニメとして失格。

 

SHOW BY ROCK!!(第2期)』 評価:C ショウバイロックというコンテンツの一部としてのアニメなので別に構わないが、内容は小学生レベル。個性的なキャラクターをつくるのはうまく、特に独特な台詞回しが秀逸。

 

魔法少女育成計画』 評価:B 基本的に進め方が雑で、話に深みがない。所々に意外な展開もあっただけにもったいない。結局は可愛い絵柄でエグいことをやる『まどマギ』の二番煎じだったが、死んだキャラが生き残ったキャラに影響を与えていく展開は面白かった。

 

灼熱の卓球娘』 評価:B キャラのゆるい雰囲気と、部活モノとしての真剣さが良いバランスだった。試合中に部の先輩や相手選手を煽りに煽り、自分のハードルを上げに上げていく展開がこの作品独特のテンションをつくっている。1クール内にもう少し山場がほしかった。

 

装神少女まとい』 評価:C 親子愛という視点ならぐっとくるシーンもあったのだが、魔法少女アニメとしては世界観がめちゃくちゃで手に負えない状況になってしまった。ゆまというコメディ役や作中でのSNSの活用などオリジナルならではの面白い発想もあったが、作画・ストーリー共に力不足。

 

ステラのまほう』 評価:A きらら系日常アニメの流れを汲みつつ、ゲーム制作に取り組む部活モノとしての視点も備えており、途中でだれることなく見れた。ただの仲良しこよしではない「部活仲間」という微妙な距離感の描き方、主人公が持つ独特の「間合い」もこの作品の面白い要素。

 

ガーリッシュナンバー』 評価:C 声優とアニメ業界の裏側を面白おかしく自虐的に表現して、アニメオタクに毒舌を吐いて、「お前らこういうアニメが見たかったんだろう?」と小馬鹿にされた気分だ。キャラが幼稚で話が薄い。プロフェッショナルの世界で、まるで中学生みたいな成長物語。

 

舟を編む』 評価:S 長い年月の中で、主人公たちが着実に成長しながら大事業をなし遂げる姿を、1クールにしっかりと収めきった。それぞれの登場人物が「受け継がれるもの」という共通のテーマを背負っており、作品全体に一本の筋が通っている。ビッグタイトルを扱うノイタミナらしい傑作。

 

競女!!!!!!!!』 評価:A 発想力と勢いで勝負する強烈なギャグアニメ。しかし、そのギャグを支えているのは、この作品の根底にある少年漫画の王道である。熱い展開だからこそ勢いが持続し、くだらない発想も本気でやるから面白い。

 

ろんぐらいだぁす!』 評価:C 自転車の楽しさが伝わる良いアニメだが、それ以上に主人公が自転車という「沼」にのめりこんでいく過程には恐怖感すら覚える。それがまた面白くもある作品なのだが、いかんせん作画が悪く、納期も守れないテレビアニメに評価はできない。

 

響け!ユーフォニアム2』 評価:S 1期をさらに上回る、圧倒的なクオリティをみせた。1話の花火、5話の演奏、10話の久美子の号泣など、どの話も印象深い名シーンを残した。女の子の表情と楽器の扱いなら誰にも負けない京アニにとって、吹奏楽という題材は最高のマッチングだった。

キャラの心情について若干納得しがたい点もあるが、それもまた彼女たちの「青春」であろう。2期では久美子が主人公として大きな役割を果たし、彼女の「素直さ」が周りを少しずつ変えていく展開が良かった。

 

『Occultic;Nine』 評価:B 幽霊という難しい題材にチャレンジしたが、SF作品としての説得力はいまひとつで、マシンガンのごとき解説が冗長に感じてしまった。しかし、怒涛の最終回を観た後のカタルシスは凄まじい。ダメダメな主人公も最後にはかっこよさを見せてくれた。

 

終末のイゼッタ』 評価:B 作品の世界観や、人や国の思惑が交錯するドラマは面白かった。しかし、命がけの戦争を全てイゼッタ無双で片づけてしまう展開はなんとも味気なかった。主人公のイゼッタもただの良い子で終わってしまい、魅力が薄かった。

 

フリップフラッパーズ』 評価:S 今期最大の異色作でありながら、アニメの原点を追求した作品でもある。戸惑いながら不思議な世界を冒険する主人公と、「いったい何が起きてるんだ?」と考える視聴者の気持ちがリンクする。映像も含め、アニメ本来の魅力を私たちに思い出させてくれた。

 

声優賞 ①田中美海灼熱の卓球娘) 『ハナヤマタ』のイメージから脱却し、今作で声優としての新境地を開拓した。今後、ポスト種田梨沙の争いはさらに激しくなるだろう。

 

声優賞 ②黒沢ともよ響け!ユーフォニアム2) 自然体な演技で主人公の魅力を大いに引き出した。特に秀一と話すときの声や、終盤であすかに感情をぶつけるシーンが印象的である。