読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

潰れたトマトと喋るカラス

アニメを批評する(佐倉綾音さん贔屓)

2015冬アニメ 作品レビュー&クール総括

艦隊これくしょん -艦これ-】 評価:B

 ソシャゲ原作の割にはしっかりとまとまった作品に仕上がり(これぞ角川の力?)、最近では珍しいストレートなスポ根アニメに変貌した。男性を一切登場させない、序盤で仲間が死ぬ、膨大なキャラを器用に使う、といった手法はこれまでの人気アニメから学んだものも多いと感じる。

 ただ、今のアニメ界は「外敵を撃ち払う」パターンで溢れており、続編ではマンネリをどう解決していくかが課題となるだろう。

 

新妹魔王の契約者(テスタメント)】 評価:C

 『妹ちょ』に続く対BPOアニメとして期待したが、結局規制頼みで放送では十分に楽しめなかった。戦闘シーンでかなり雑さが目立ち、シリアスになればなるほどつまらなくなるエロコメの典型に陥ってしまった。

 ただエロシーンは確実に限界へ挑戦しており、ストーリーも新たな展開を迎え、2期が気になるところである。

 

【四月は君の嘘】 評価:A

 この作品のテーマはいくつか挙げられるが、「甘酸っぱい恋愛模様」と「大切な人の死」には個人的に共感できなかった。

 しかし「音楽に青春を捧げる少年少女」と「主人公の成長」には大変心を動かされた。作画と演出は思わず息をのむほどで、ノイタミナ枠に相応しい作品といえる。

 

【SHIROBAKO】 評価:S

 嫌な言い方をすれば、アニメの製作現場を題材にするのは「せこい」やり方である。つまり、「自伝小説なら誰でも書ける」わけだ。

 しかし、「仕事に挫折を味わいながらも夢を追いかける若者たちの姿」や、「伝統への敬意と革新的な挑戦心を忘れない日本のものづくりの姿」を描いたこの作品は、それを踏まえても、やはり傑作なのである。

 

冴えない彼女の育てかた】 評価:C

 このタイトルは痛烈な皮肉であり、実際には「魅力的なヒロインを最低の主人公が台無しにする方法」である。あるいは、もしかしたらこの作品全体が今のアニメ業界への皮肉なのかもしれない。

 萌え豚用いちゃいちゃエロアニメだと思えばそれは素晴らしいアニメなのかもしれないが、霞ヶ丘詩羽のセリフを引用するならば「絵さえ良ければ名作だと無駄に崇める人たちがアニメ業界を衰退させていく」不安もあるので、ここで厳しい評価を出させてもらう。


【幸腹グラフィティ】 評価:S

 悲劇的なシーンに胸が痛むこともなければ、とんでもない展開に笑い転げることもない。ただ3人の少女の日常が流れ、時々くすっと笑い、ほんの少しのエロティシズムを感じ、最後はほっこりする。

 打ち上げ花火ばかりの昨今のアニメ界において、線香花火のわびさびを教えてくれるような作品である。料理の作画だけでもこのアニメの質は一目瞭然だろう。

 

【銃皇無尽のファフニール】 評価:C

 飽和したラノベ界の末路が見えた作品である。設定はどこかで見たようなものばかりであり、全く消化しきれないまま放送を終えた。ラノベは全く読まないので何とも言えないが、もっと面白い作品はないのだろうか。声優人気で持たせるのにも限界がある。

 松岡禎丞の使いすぎ、『進撃の巨人』方式の使いすぎ、ヒロインがちょろすぎ。今のアニメの問題点を結集したような作品であり、その意味ではこの作品に価値はあるのかもしれない。

 

ISUCA-イスカ-】 評価:D(途中切り)

 作画もそうだが、主人公のキャラ性や「とりあえずパンチラしとく」といった作風など、6,7年前のノスタルジーを感じた。しかし、もうその時代は終わったのだ。作品に恵まれない木戸衣吹が不憫である。

 

【アルドノア・ゼロ】 評価:B

 戦闘シーンは「火星側のハイスペックを見せつける攻撃」→「主人公の天才的戦術で勝利」というワンパターンで、あまり緊張感がなかった。シナリオはいつもの虚淵という感じだが、さすがに見ごたえのある展開だった。

 監督はインタビューで「少年少女が見る戦争」を描くと語っている。戦争とは何かを描くことには成功したが、主人公の伊奈帆は少年と呼ぶにはあまりに冷めすぎていた。

 このアニメは「平和を願うお姫様の成長物語」として見るのも面白いと思う(そしてクロスアンジュと比較してみよう)。あるいは、「バカな男たちとそれを支える女たちの物語」として見ることもできる(たちまち古風な作品に見える)。

 

【クロスアンジュ 天使と竜の輪舞】 評価:A

 予測不能の超展開、そのまま同人誌にできそうなエロシーン、あまりにもゲスい主人公。前代未聞の問題作だが、面白ければそれでいい。これがクロスアンジュだ。

 とにかく今期一番笑った。間違いなく保護者が子どもに見せたくないアニメNo.1。

 

【ローリングガールズ】 評価:D(途中切り)

 思いつきで始めないで、まずはしっかりとストーリーをつくってほしい。

 

【聖剣使いの禁呪詠唱】 評価:C

 とにかく勢いで押し切るスタイルと、きっちり1クールで終わらせたことは評価したい。

 

・声優MVP:日高里菜

艦これファフニールで見せたヒロイン力の高さを評価。

 

・ヒロインMVP:霞ヶ丘詩羽

男の欲望を具現化したような先輩キャラ。主人公がもう少しまともであれば…。

 

・総括:

 ラノベ原作のアニメに限界が見え始める中、クオリティの高いオリジナルアニメが目立ったクールだった。個性の強いキャラクターで勝負しているアニメが多いが、もっと見ごたえのあるストーリー性を持ったアニメの台頭に期待したい。