潰れたトマトと喋るカラス

アニメを批評する(佐倉綾音さん贔屓)

2015夏アニメ 作品レビュー&クール総括

『がっこうぐらし!』 評価:B 「可愛い絵柄でエグいことをやる」という作風は今ではそれほど目新しくはないが、だらだらした日常パートに飽きてきた頃に衝撃的なシーンが待っている、という運び方が上手かった。いろいろと設定は用意されているようだが、個人的にはもっと理詰めな展開を見たい。極限状態に置かれたりーさんの放つエロスが一番の見どころかもしれない。

 

『Charlotte』 評価:C 『Angel Beats!』から何を学んだのか説明してもらいたい。映像はよく頑張っていたが、ストーリーが幼稚すぎる。バンドに関してはただやりたいだけとしか思えない。この作品のテーマと同じく、思春期だけ面白く感じるアニメなのだろう。

 

モンスター娘のいる日常』 評価:A ただのハーレムアニメを超え、人種差別という大きな問題に一石を投じた作品。雨宮天や小澤亜李といった新人ごり押し声優にもお色気シーンをやらせることで、若手の鍛錬の場として声優界にも大きく貢献した。

 

干物妹!うまるちゃん』 評価:C いくら日本人が妹大好きだからといっても、これはあまりにクレイジーだ。兄のタイヘイはクレイジージャパニーズの体現者である。うまる以外のキャラはとても可愛かった。

 

GANGSTA.』 評価:B 中途半端すぎるラストはマングローブ倒産の影響なのか?面白かっただけに残念。

 

オーバーロード』 評価:S 僕たちの膨れ上がった承認欲求を満たしてくれる痛快な作品。1クールを通してすべての敵はかませで、仲間もモブも皆主人公を賛美する。主人公とは思えない外見や、強さの中に謙虚さとお茶目さを持ち合わせるなど、主人公TUEEアニメの新たな姿を示してくれた。「引退していったプレイヤーの力を借りてギルドマスターが一人で戦う」という設定も、ネトゲファンには心にくるものがある。

 

赤髪の白雪姫』 評価:A 行動力のあるヒロインが非常に魅力的な作品。世界観や恋の行方も見どころだが、ヒロインのひたむきな姿が一番見ていて楽しかった。

 

『城下町のダンデライオン』 評価:B 恋愛要素もほとんどなく、日常アニメともいえず、能力で戦うわけでもなく、真剣に選挙運動をするわけでもなく…なんとも微妙な内容なのだが、これが意外に面白い。兄弟姉妹が助け合っていく姿は微笑ましかった。花澤香菜の演技力も重要。

 

『それが声優!』 評価:B アニメ作品というより解説動画だ。声優業界を学ぶには良い教材だが、ストーリーはいたって陳腐である。ただ、単なるサクセスストーリーで終わらず、あくまで「声優業界は厳しい」というテーマで通したのは評価したい。

 

下ネタという概念が存在しない退屈な世界』 評価:B まさしく日本のアニメ業界にしかつくれないディストピア作品が出来上がった。アンナ・錦ノ宮というアニメ史に残る怪物も生みだしたが、後半はそれに頼りすぎた感もあった。この作品でブレイクした石上静香には今後も期待したい。

 

アイドルマスター シンデレラガールズ(第2クール)』 評価:B 美城常務の言動に説得力がなさすぎるため、ストーリーに共感できなかった。メンバー脱退の危機というのも最早アイドルアニメのお決まりだ。ソシャゲ原作の宿命だが、大量のキャラをいかすことに関してはよく頑張っていた。

 

声優MVP①:麻倉もも 脳みそが溶けるような彼女のボイスで演じる乙坂歩未が、シャーロット唯一の楽しみだった。

 

声優MVP②:松来未祐 下セカはまさに命を削るような迫真の演技だった。まだまだJK役もいける。ぜひまた元気に戻ってきてほしい。

 

総括:面白いアニメはいくつもあったが、飛び抜けた作品はなかったように思える。ToLOVEる、モン娘、監獄学園、下セカなど、最近の中でもかなり過激なアニメが多かったのが印象的である。一方、今期は石上静香や田中あいみといった期待の若手声優が続々と現れた。今後の活躍が楽しみである。